ブラックジャックの歴史

ブラックジャックは、16世紀に遡る起源を持つ人気のトランプゲームです。このゲームはフランスで生まれ、カードを集めるか捨てるかしてディーラーよりも 先に21という数字を作らないと掛け金が没収されることから、当初は21という名前でした。最後の21点はプレイヤーとディーラーの双方にあてはまりま す。

このゲームが人気を博すようになると、他の国にも伝わりました。イギリスでは21は名前を変えました。このゲームでのカードの数となるジャックと、フラン スのクラブの一つであるスペードの色を暗示する黒(ブラック)が組み合わされました。この2つの単語の組み合わせにより、とりわけこのゲームの名前、すな わちブラックジャックが生まれたのです。

ルールの進化

19世紀には、カーリーからブラックジャックがアメリカ大陸に渡りました。そしてその玄関口は米国でした。主に、同国で当時いかなる種類のゲームに対して も禁止令が出されていたことから導入は困難でしたが、それでもこのカードゲームは人気を博しました。しかしまさにこのゲームがアメリカ人の中でも人気の ゲームの一つになっていた1931年にネバダ州でこのゲームが合法化されると、状況が変わり始めました。

その後数十年で他の国々でもゲームが人気を博し、ブラックジャックの知名度が広がる機会が生まれました。このゲームが英語圏にルーツを持つものであるとは いえ、世界各地で旧称「21」として知られています。このゲームは「バカラ」など他のゲームとも関連がありますが、ブラックジャックの人気はそれをはるか に凌ぐものです。

ゲームのルールはゲームとともに進化しました。いずれにせよこのゲームへの参加が増えた1960年代に、プレイヤーのうち数名が偶然、「勝つ可能性を高め る」方法を見つけました。例えば、注意しながらゲームを進めて自分と他のプレイヤー、そしてディーラーの手をカウントすると、運に頼らずにディーラーに勝 つ方法が確立できることを観察しました。この実践を防止するためにカジノは、発展的な方法でのルール改定を迫られました(例えば、各テーブルでのカード枚 数の増加や、プレイ中にカードをシャッフルする回数の増加)。しかし長い歴史の中で受けた変化にも関わらず、ブラックジャックに対する情熱は変わりませ ん。

Was this article helpful?